Interview美樹工業で働く人

Interview #03

想像以上の達成感

建設事業本部 建設事業部 建築課

高田 満知子

設計士から、突然の転身。

女性が現場で働くなんて、すごいね!とよく言われますが、最近女性も増えてるんです。実は私はもともと前の会社に入社した頃は、設計士として配属されました。でもそのうち現場が忙しくなり、現場にかりだされるようになったんです。はじめは現場の作業を少し手伝う程度で、そのうち設計に戻れるだろうと思っていたのが、二度三度とどんどん仕事を任されるように…。そしてそのまま今の職に就くことになったんです。設計士として働いていた期間もそれほど長くなかったので、特に違和感もなく現場管理の仕事を覚えることができたのは、ラッキーだったのかもしれません。

必要なのはプラン力。

私たちの仕事は、たとえるなら一つの会社を運営する経営者。具体的には、まず仕事がはじまると、工程表を作成します。そのあと予算を組んだり、図面を施工図に書き換えたり、職人の手配を行います。つまり、金銭の出納や人材、品質など現場に関する一切の進行管理を行うのです。よく、「体力使いそう」「女性にはキツい」とイメージをつけられがちですが、実際は体力よりも、頭を使うことのほうが多いんです。全体の見通しを立てて、プランニングする力も必要。ポイントは、進行の妨げになりそうな、「小さなほころび」を早い段階に察知すること。細かいことによく気がつく人のほうがいいのかもしれない。

なにものにも変えがたいもの。

この仕事のやりがいは、やっぱりお客様に建物を引き渡すこと。建てはじめる前は、考えなければいけないことや心配事がたくさんあって、少し億劫になってしまうんですよね(笑)。そりゃそうですよね。それぐらい大きな建造物をつくってるんですから、感じる責任も大きくなるのが当然です。でも無事にお渡しできたとき、そんな苦労は吹っ飛んでいきます。そしてまた、新しい現場がはじまって…。でも厳しいことを言うようですが、生半可な気持ちでは難しいと思います。関わる人の数も本当に多いですし、さまざまな出来事に臨機応変に対応する力も求められます。ただ、思い入れのある現場ほど、自分の想像以上の喜びが得られることも約束されていますよ。

Interviview List