Interview美樹工業で働く人

Interview #07

飽くなき挑戦

設備事業本部 ガス設備事業部 姫路ガス工事課

種田 裕一

結果を残す、メリハリある社風。

職人の父の紹介で美樹工業に入社したのが、今から10年以上前。地元も近く、小さい頃から美樹工業の会社の名前はよく知っていました。紹介してもらったときの印象は、どんどん急成長している会社。面接に伺った際も、担当者の方の対応も好印象で社員の福利厚生や休日も確保できるので「しっかりした会社」だと感じました。実際に入社してからは、目上の人を敬う良い上下関係はあるものの、課長を筆頭に雰囲気はとてもフレンドリー。働きやすい環境でありながらも、上場企業という結果をきちんと残しているこの会社はかっこいいと思います。

自らの経験に委ねられる現場。

現在は、ガス管工事の現場監督をしています。場所や規模などいろいろな現場がありますが、私の重要な仕事は、あらかじめ自分の決めた工期通りにスケジュールを終えること。8割方は段取りの仕事と言っても過言ではありません。主に気をつけることと言えば、まず天候です。梅雨の季節、雨が重なると、ますますスケジュールを立てる難易度が上がります。コンクリートだったり、植栽があったりするとルートを微調整しなくてはならないので、工事を行うロケーションの入念な視察も必要です。でも逆に準備しすぎても余分な経費がかかってしまうので、経験から得た学びを基にスケジューリングしていくのがベストなのかもしれません。

「飽きない会社だと思います。」

住宅機器は日進月歩で便利な商品が発売されます。新商品が出るたびに、試運転のため勉強しなければなりません。配線ミスでエラーになったりしてしまうと、また一からやり直さないといけません。手間はかかりますが、手順が違えば危険を招きかねないガスを扱っているので、正しい知識を得て、安全に努めることは重要です。なので、社員は皆勉強熱心な方も多い。私は今一級管工事資格取りたいと考えています。資格を取ればガスだけでなく、できる仕事が増えます。部署異動も他社に比べると多いほうなので、常に新しいことに挑戦できる、飽きない会社だと思いますよ。

Interviview List