IR Information

IR情報

TOP IR情報 経営方針

 IR情報

経営方針

トップメッセージ
IRポリシー

IRポリシー

当社はIR活動に際し、以下の方針に基づき情報開示、印刷物やウェブサイト等での情報提供、取材やお問い合わせの対応を行っております。

公平・迅速な企業情報開示

当社の企業情報に関して、証券取引法等の諸法令(以下、諸法令)ならびに日本証券業界等の定める適時開示等に関する規則に従い、重要事実に該当した事象に関しては、可及的速やかに情報の開示を行います。

それ以外の事象であっても当社の企業活動や戦略を投資家の皆様にご理解いただくために必要ないし有用であると判断したものにつきましても同様に事象の開示を適宜行います。 また、一部の方に対してのみ、特定の情報をお伝えすることはございません。

なお、情報の開示にあたっては株主、投資家を含む当社のあらゆるステークホルダー(利害関係者)に対し公平かつ迅速に伝達できるよう努め、当社ウェブサイトにも適宜掲載いたします。

未公開の重要事実に関して

当社が印刷物、ホームページ、電話によるお問い合わせ、取材、カンファレンス等において公開いたします情報は、当社に関しすでに公開もしくは周知となった事実もしくは一般的なビジネス環境等に限ります。未公開の重要事実に関しましては一切言及いたしません。

IRポリシーの社内徹底に関して

当社はIRポリシーを全社に浸透させ、徹底させます。 証券アナリストや機関投資家の方からの問い合わせは、全て経営企画部が対応いたします。これは、当社とその社員については証券取引法を含むあらゆる法的責任から保護することを目的としています。

クワイエットピリオドに関して

当社は決算発表準備中に株価に影響を与える情報が漏れることを防ぐため、当社の決算期日より決算発表迄の間をクワイエットピリオド(沈黙期間)とし、その期間の個別取材、ミーティングへの対応や出席、業績見通しに関しての対応は控えさせていただきます。ただし、公表済の業績予想から大きな乖離が見込まれる場合においては、適宜情報開示を行います。